*

quest、quality、quietなどQの発音をちょいと練習してみよう

公開日: : 英語やろう, 辞書いろいろ | ,

quiet01

今回はQの発音についてです。

その前にDictionary.comやDailymotionなどで、問題が発生したと称して勝手にウィンドウが開く悪質広告を最近よく目にします。
悪質広告に注意!「Windows XPで発生したエラーを修理するには」と勝手にウィンドウが開く

たいてい不快でビカビカとアニメーションする広告がアクセスしたページのどこかに表示されています。
こういうのには絶対に引っかからないようにしましょう。

こういった悪質広告でなくても、今時勝手にウィンドウを開くなんてろくなもんじゃありません。
私は問答無用ですぐに閉じています。

とりあえずそういった広告を出すサイトにも当分は行かないようにしましょう。
ブラウザの機能でサイトブロックを使うのもいいと思います。

それではいってみましょう。

photo credit: Justin in SD via photopin cc

Qの発音とは

これはKの発音とWの発音が続けて行われる感じです。

Kの発音は破裂音。笑いがもれるぜ「クックックッ」

Wの発音を知ろう。少しの違いが分かれば英語を上達させるのだから

むりやりカタカナで表すなら「クゥワ」となります。
これを一応踏まえた上で実際に聞いた感触をそのまま発声すればいいと思います。

それでは例です。

  • quest クワェスト (質問) 発音
  • quality クワァリティ (質問) 発音
  • quiet クワイエット (静かな) 発音

Wの発音である「ゥワ」はあまり無理に意識しなくてもいいかもしれません。
必ず実際に聴いて発声してみてください。

こちらも参考になります。
フォニックスqの発音 – kids-abc.net

最後に

Qって26のアルファベットの中でなぜか特別なものを感じるんですよね。
他の英文字とは異質というか。
「キュー」という名称が日本語っぽいのかも。

実際には何も特別なことはなく、発音的にも大したことはないわけですが。

それではまた。


ぜひシェアしていって!


関連記事

improve01

英語の区分けが上達の近道!例文を探し出せるすごい検索方法も伝授

英語の学習は単語から始まって熟語や文とどんどん覚える長さが増えてきます。 英語初心者は長文を見ると

記事を読む

a0055_000116

英語の勉強中に日本語の訳文を見たら一歩後退すると思え

突然ですが英語の学習方法でとても大きな分け方として2種類あります。 英語だけで教わる 英語と

記事を読む

imagination01

全人類におすすめの英語学習方法はたった一つ!単語はイメージで覚える

英語がなかなか上達しない。 文法用語が多すぎて覚えきれない。 英文はまず日本語に訳すので時間がか

記事を読む

iloveu01

iの発音は大丈夫と思っている人、それちょっとだけ違うよって話

iの発音は主に「イ」で問題ないと思っている人たち。 ところがそうじゃない! いつものようにほ

記事を読む

exit01

extra、excellent、exitなどXの発音を覚えるべし

今回はXの発音です。 二つ紹介しますがどちらも似たようなものです。 わかってしまえば簡単な発

記事を読む

wild01

Wの発音を知ろう。少しの違いが分かれば英語を上達させるのだから

一般に日本人がWを発声するときはア行やワ行など様々なカタカナに変化しています。 ア行なら

記事を読む

hands01

最初からそう言ってくれよ!LとRの発音で違いが理解できる覚え方

LとRの発音の区別は日本人には再難関の問題です。 ネイティブは本当にlightとrightを聞いた

記事を読む

face01

「クッ」や「ス」であるCの発音を学んでみよう

今回はCの発音です。 Cの発音はいくつかの種類ありますがどれも難しくありません。 さっそくい

記事を読む

jobs01

ジョブズのスピーチの余談。atとfor

「英文を音声再生してくれるサイトまとめ」の記事でジョブズのスピーチを取り上げたのですが、結局音声のチ

記事を読む

net01

nice、net、noseなどNの発音を覚えよう

今回はNの発音です。 日本人にとってMの発音と勘違いしやすいかもしれませんが別のものです。 mo

記事を読む

    • rss
    • rss
    • follow us in feedly
  • 英語がまるでだめだったIT系。
    学習方法や記憶や人の能力向上について書いています。
    ついでにPS4も。
    自分もみんなもペラペラにするべく、英語学習の中心となるおもしろいサイトを企画進行中。
    詳細はこちら