*

アウトプットすることで記憶される。インプットだけでは脳が覚えてくれない

公開日: : 最終更新日:2014/03/03 英語やろう, 記憶する | , ,

英語に限らず誰でも学校の勉強や家事や仕事などで、いろんなことを覚えなければいけないときが多いと思います。

さらっとマニュアルや教科書を見たり真剣なまなざしで料理の本を見たり。

ちょっと待った!
それ本当に覚えているの?
覚えたつもりになってない?

一回見たり聞いたりしただけで覚えることができればいいのですが、世の中のほとんどの人はそんな天才ではありません。

安心してください。
ちゃんと覚えることができる方法があるんです。

それは当たり前のことでもあるんですけど「この方法が記憶にとって良いこと」と、自分で理解していればそこからは全然違ってくるんですよ。

出会ったあらゆる出来事を覚えるスペースなんてない

できればどんなことでも手っ取り早く覚えたいですよね。

でもちょっとまってください。
電車の窓から見える風景をいちいち全部記憶してしまったらどうなるでしょう。
テレビドラマのセリフを一字一句覚えてしまったら。
買い物に行って全部の商品の名前と金額と特徴を頭に刷り込まれたら。

こりゃあ大変です。

脳に記憶できることには限界がある。
だから脳みそって奴は、大事なこと以外はできるだけ覚えたくない。
拒絶するんです。
いちいち目や耳に入った情報全部を覚えちゃいらんねえ。

では脳は何なら覚えてくれるのか。
それは「その人にとって大事なこと」です。
その生き物にとって重要なことを脳は記憶してくれるんです。

つまり覚えるということに対して何が一番大切かは、こういうことになるんです。

  • 脳にその事柄が重要だと認識させる

これこそが記憶させるということの本質です。

ではどうすれば覚えたい物事を重要だと認識してくれるのか。
使うんです。
アウトプットすればいいんですよ。

インプットばかりでなくアウトプットしたいんです!

  • 知識を覚えようとする:「記憶をインプット(入力)する」
  • 知識を使おうとする:「記憶をアウトプット(出力)する」

何かを身につけなければいけないときに、みんなは当たり前のようにインプットに励みます。
さあここです。

インプットしたらアウトプットしてください!

知識をいったん得たら実際にそれで何かやってみる。
使ってみて、応用して、わかんなくなったらまたインプットする。

なんか当たり前のこと言っていますけど、意外と世の中そのことに関して甘めです。

学校に通っているとき勉強の知識は、学校の外ですぐに使えることが少ないのでテストでしか実践できません。
それならインプットの量に合わせてどんどんアウトプットするべき。

テストはその日にやって、週末にやって、月末にやって学期末にやる。
これでもインプットに比べたら釣り合わない量かもしれません。
テストって決していやなものじゃない。
そうやって記憶が強化される良いことなのです。

知識を習得してそれを自分のものとして覚えるには実践することなのです。

この知識は必要だと脳に思わせるためにも行動を起こせばいい。

  • 書いたり読んでみる
  • 聞いたり話してみる
  • 使ってみる
  • 押したり引いてみる
  • 応用してみる
  • 動いてみる

インプットをしたら相応にアウトプットさせてあげれば脳が喜んで覚えてくれようとするんです。

英語を読んだり聞いたりするだけでは表面的に知るだけです。
実際に読んだら書いたり声に出したりチャットしたりしてみることで自分になじみ記憶に染み込んでいくのです。

まとめ

そもそも人はアウトプットしたがり屋さんなのだと思います。
人は知識をインプットしたらすぐに行動して表現して誇示したいんですよ。
だからネット時代の今いろんなことがバイラルに広がるんです。

知識を得たら必ずアウトプットしよう!


ぜひシェアしていって!

関連記事

sipやseaやsameなどのSの発音の出だしは「ス」だと思ってよい

Sの発音は日本人にとって難しくないんですが、なるべくネイティブに近い発音を覚えたほうが良いです。

記事を読む

英語はそのまま直接理解したほうが良い理由

英語の単語、熟語、文を覚えようとするとき日本語に訳さず直接覚えたほうが絶対に良いです。 でもそもそ

記事を読む

extra、excellent、exitなどXの発音を覚えるべし

今回はXの発音です。 二つ紹介しますがどちらも似たようなものです。 わかってしまえば簡単な発

記事を読む

chat、choose、chopなどCHの発音はチャ、チュ、チョでいこう

今回はCHの発音です。 Cの発音についてはこちらをどうぞ。 「クッ」や「ス」であるCの発音を

記事を読む

teachやtestやtoothに代表されるTの発音方法とはなんぞや

今回はTの発音です。 単純な「タ行」とはちょっと違いますが、決して難しいものではありません。 さ

記事を読む

live、victory、voiceなどVの発音をヴァッチリきめようぜ

今回はVの発音です。 日本人には全く馴染みの無い発声方法をしますが、慣れてしまえばさほど難しく

記事を読む

俺はそれぞれの月を英語で覚えるのにこんなイメージしている

以前に各曜日のイメージを英語で記憶してみてはどうでしょうという提案をしました。 こんな風に記憶して

記事を読む

under、user、UtopiaなどUの発音はいくつかあるって知ってた?

今回はUの発音についてやります。 なんの前振りもなくちゃちゃっと見ていきましょう。 Uの

記事を読む

east、when、learningなどEの発音を記憶にとどめよう

今回はEの発音です。 このEの発声方法もいくつかありますがそんなに難しくはないです。 前

記事を読む

morningやmapやhimに代表されるMの発音とはなんじゃらほい

わかる発音シリーズの今回は? そう、もちろんMの発音です。 特にむずかしいことはないのですが

記事を読む

    • rss
    • rss
    • follow us in feedly
  • 英語がまるでだめだったIT系。
    学習方法や記憶や人の能力向上について書いています。
    ついでにPS4も。
    自分もみんなもペラペラにするべく、英語学習の中心となるおもしろいサイトを企画進行中。
    詳細はこちら