*

extra、excellent、exitなどXの発音を覚えるべし

公開日: : わかる発音, 英語やろう | ,

今回はXの発音です。

二つ紹介しますがどちらも似たようなものです。
わかってしまえば簡単な発声ですの安心してください。

それでは見ていきます。

photo credit: taberandrew via photopin cc

Xの発音とは

主に2種類あります。

「クス」と発音する

「クス」と発声します。
Kの発音である「ク」とSの発音である「ス」を続けて発音するような感じです。

例をどうぞ。

  • extra エクストラ (余分の) 発音
  • excellent エクスェレント (優秀な) 発音

必ず一度は聞いて発音してみてくださいね。

「グズ」と発音する

こちらは「グズ」という発声します。
Gの発音である「グ」とZの発音である「ズ」を続けて発音するような感じです。

例です。

  • exit イグズィット (出口) 発音
  • example イグズァンプル (例) 発音

しつこいですが絶対に一回は実際に聞いて発音してください。
正解はカタカナではなくあなたの耳と口から生まれるんですから。

最後に

ちなみにアルファベットのABCの歌(A、B、Cと始まりZまで歌い続けるあれ)は、その一つ一つの発声の中にそれぞれの発音が含まれているらしいです。

つまりXなら「エックス」というように「クス」という発音が含まれているわけですね。
あれ?Wの発音って含まれていないような。

このABCの発音についてはフォニックス読みというのも参考になりますよ。
英語の文字と音のルール、フォニックスとは [幼児の英語教育] All About

それではまた。


ぜひシェアしていって!

関連記事

似たり反対の意味の英単語を同時に覚えると記憶が混同する

これ英語のテキストでよくこういう教え方が出てきます。 もちろん対比という意味では間違っていません。

記事を読む

英語の区分けが上達の近道!例文を探し出せるすごい検索方法も伝授

英語の学習は単語から始まって熟語や文とどんどん覚える長さが増えてきます。 英語初心者は長文を見ると

記事を読む

英語で語順が自然に理解できる理由、文法を学んではいけない主張

英語がたいしてできるわけじゃない人でも、ある程度読めると仕事や勉強などの技術的な問題で検索したときに

記事を読む

door、desk、holdなどDの発音について気持ちを込めて解説する

今回はDの発音について。 これも特別にむずかしいことはありませんが、ほんのちょっとダ行とは違ってい

記事を読む

chat、choose、chopなどCHの発音はチャ、チュ、チョでいこう

今回はCHの発音です。 Cの発音についてはこちらをどうぞ。 「クッ」や「ス」であるCの発音を

記事を読む

morningやmapやhimに代表されるMの発音とはなんじゃらほい

わかる発音シリーズの今回は? そう、もちろんMの発音です。 特にむずかしいことはないのですが

記事を読む

Wの発音を知ろう。少しの違いが分かれば英語を上達させるのだから

一般に日本人がWを発声するときはア行やワ行など様々なカタカナに変化しています。 ア行なら

記事を読む

Hの発音。 ( ゚∀゚) ハハノヽ/ \ と声を出さず息を吹きかけよう

今回はHの発音について。 日本人には特に悩む発声ではないでしょう。 およそカタカナのハ行で問

記事を読む

or、out、host、toなどOの発音にはいくつかの種類がある

一見簡単で「オ」しか無いように見えるOの発音にはいくつかの種類が存在します。 一つ一つを言われ

記事を読む

英語を体系的に教えてしまうと学習者にとって何が悪いのか

教える側の人ってのは、きっちり勉強してきた頭のいい人達も多いと思います。 その知識を生かして何かを

記事を読む

    • rss
    • rss
    • follow us in feedly
  • 英語がまるでだめだったIT系。
    学習方法や記憶や人の能力向上について書いています。
    ついでにPS5も。
    自分もみんなもペラペラにするべく、英語学習の中心となるおもしろいサイトを企画進行中。
    詳細はこちら