*

shipやshellやshopなどshの発音は「シャシュショ」を混ぜる

公開日: : 最終更新日:2014/03/03 わかる発音, 英語やろう | ,

Sの発音は比較的簡単ですが、区別を付けたほうがよい場合があることを前にお伝えしました。
見てない方はこちらもどうぞ。

sipやseaやsameなどのSの発音の出だしは「ス」だと思ってよい

今回はもう一方の発音でshipに代表される、SHで始まる単語の発音についてです。

photo credit: http://kahwailin.com/ via photopin cc

SHで始まる単語の出だしは「シャシュショ」

SHで始まる場合基本的には「シャシュショ」を出だしで少し混ぜ込むと、よりネイティブ(米語)に近い発音となります。

  • shutは シャット(閉じる)
  • shipは シィップ (船)
  • shootは シュート (撃つ)
  • shellは シェル (貝殻)
  • shopは ショップ (店)

shipの場合もシップでなくシャシュショを少し混ぜ込んだシです。(シィという表現は無理やりです)
音声を聞ける辞書ならなんでもいいので必ず自分で確認してみてください。

weblio


これでsipとshipの違いが明確になったと思います。
sipは スィップ
shipは シィップ(シにシャシュショをちょっとだけ混ぜる)

聞くときやしゃべるときに区別さえつけば、ほとんどの学習者にとってはもうなんの問題もありません。

発音をネイティブ並みにしたい!という人は、ネイティブの音声をもっと聞いてしゃべってください。
どんどん近づけるはずです。


ぜひシェアしていって!

関連記事

英語の区分けが上達の近道!例文を探し出せるすごい検索方法も伝授

英語の学習は単語から始まって熟語や文とどんどん覚える長さが増えてきます。 英語初心者は長文を見ると

記事を読む

アウトプットすることで記憶される。インプットだけでは脳が覚えてくれない

英語に限らず誰でも学校の勉強や家事や仕事などで、いろんなことを覚えなければいけないときが多いと思いま

記事を読む

全人類におすすめの英語学習方法はたった一つ!単語はイメージで覚える

英語がなかなか上達しない。 文法用語が多すぎて覚えきれない。 英文はまず日本語に訳すので時間がか

記事を読む

英語で語順が自然に理解できる理由、文法を学んではいけない主張

英語がたいしてできるわけじゃない人でも、ある程度読めると仕事や勉強などの技術的な問題で検索したときに

記事を読む

WHの発音とは?ちょこっと矯正してもみても損はないよ

WHの発音はハ行なんですが、あれ?と思う方もいるでしょう。 whatなどWがあるのにその発音はどこ

記事を読む

Japan、juice、jobに代表されるJの発音を把握してみよう

Jの発音は特に難しいものではないと思います。 ただ破擦音という聞きなれない言葉があってJの発音はま

記事を読む

英語を体系的に教えてしまうと学習者にとって何が悪いのか

教える側の人ってのは、きっちり勉強してきた頭のいい人達も多いと思います。 その知識を生かして何かを

記事を読む

最初からそう言ってくれよ!LとRの発音で違いが理解できる覚え方

LとRの発音の区別は日本人には再難関の問題です。 ネイティブは本当にlightとrightを聞いた

記事を読む

英語はそのまま直接理解したほうが良い理由

英語の単語、熟語、文を覚えようとするとき日本語に訳さず直接覚えたほうが絶対に良いです。 でもそもそ

記事を読む

結果発表!3月がMarchで5月がMayだってことを混同せず覚えることができたか

もう5月も終わりなわけですがあれは一体どうなったのでしょうか? そう、私は3月と5月がそれぞれ

記事を読む

    • rss
    • rss
    • follow us in feedly
  • 英語がまるでだめだったIT系。
    学習方法や記憶や人の能力向上について書いています。
    ついでにPS5も。
    自分もみんなもペラペラにするべく、英語学習の中心となるおもしろいサイトを企画進行中。
    詳細はこちら