*

音声好きな英語学習者へ!英文を再生して読んでくれる辞書サイトまとめ

公開日: : 最終更新日:2014/03/03 英語やろう, 辞書いろいろ | , ,

IMG_7470

この単語の音声が聞きたい!ってときありますよね。
紙の辞書で意味を調べたはいいが、しょうがないから発音記号を確認したり。

初めて見る単語でも英語に慣れてくれば、確かに文字のつづりからおおよその発音がわかるようにはなります。
それでもわからない場合もあるし、なんだろうって迷うくらいならすぐに確認してしまいたいものですよね。

そこで自分で入力した単語や英文を音声で読み上げてくれるサイトをたくさん紹介します!

長い英文の場合は当然単語から音声を自動生成するので多少違和感があります。
いかにも昔のコンピュータっぽいのもありますが、驚くくらい自然に発音してくれるサイトもあるんですよ。

これは絶対活用するべき!
もちろん無料だし登録不要です。

photo credit: Alex E. Proimos via photopin cc

単語タイプ。もちろん意味も教えてくれちゃうよ

単語の音声が聞けるサイトです。
単語の意味も同時に知ることができますよ。

weblio辞書

weblioword01

Weblio辞書

英語学習者なら誰でも一度はアクセスしたことがあろうサイトです。
何しろ英単語一つをGoogleで検索してもここがよくトップに出てきますから。(例えばhope)

音声はボタンを押すとすぐに再生してれるし、単語によって声優が変わったりします。
単語の使用例も示してくれるのでわかりやすいですね。

goo辞書

gooword01

goo辞書

とても音声がきれいで聞き取りやすいです。
weblioもそうですが、PCサイトではflashで再生しているのにiPhoneでもちゃんと再生できるのはありがたいですね。

単語を検索するとまずその単語とそれ含んだ例文がリスト表示されて、そこから知りたい単語を更にクリックしないといけないのはちょっと面倒です。
他のサイトは例文を単語の解説の下にずらっと並べていますが、goo辞書のこれは個性ともいえます。

Dictionary.com

dictionarycom01

Dictionary.com

自分が割りと早い時期に見つけて重宝しているサイトです。
外国のサイトなので日本語訳は見れませんが音声は聞けます。

但し再生ボタンを押そうとすると、その場所に後から広告が表示されて誤クリックしてしまうことがあるので注意してください。

THE FREE DICTIONARY

thefreedictionary01

THE FREE DICTIONARY

これも外国のサイト。
iPhoneだと再生ボタンを押してから音の流れるのがちょっと遅いです。

左上のほうに米国と英国の国旗がありますが、これを押すとそれぞれの訛りの音声が聞けます。
というのはアメリカ英語とイギリス英語(オーストラリアなども)では発音が少し違っているんですよ。
例えば、can’tならアメリカは「キャント」ですが、イギリスは「カント」と発音します。
どちらかに慣れているともう一方が聞きづらいというのがあるので、こういう機能はありがたいですね。

MACMILLAN DICTIONARY

macmillandictionary01

MACMILLAN DICTIONARY

こちらも海外の辞典。
赤が基調のデザインのサイトです。

英国語(British English)と米国語(American English)が選べるので、発音やアクセントの違いを知ることができます。
わかりづらいですが下のほうに小さな文字でこう書いてあるリンクで変更できます。

This is the American English definition of hope. View British English definition of hope. Change your default dictionary and thesaurus to British English.

発音にSTRONGとWEAKという強弱が選べる場合もあります。
例文があるのですが、その単語ごとにリンクが張られていてクリックするとその単語のページに飛べます。

文章タイプ。こんな長文も読んでくれるなんてすごい

そこそこ量のある文章も再生してくれます。
意外とネイティブみたいにきれいに読んでくれるところもあるんですよ。

音声チェックのための文章はAppleの創業者ジョブズの有名なスピーチを使わせてもらいました。
スティーブ・ジョブス 感動のスピーチ全文

文字数は310です。

I am honored to be with you today at your commencement from one of the finest universities in the world. I never graduated from college. Truth be told, this is the closest I’ve ever gotten to a college graduation. Today I want to tell you three stories from my life. That’s it. No big deal. Just three stories.

Acapela group

acapela01

Acapela group

声優の言語と人物が選べます。
英語圏だけでなく日本や中東も選択できて盛りだくさん
入力文字数は300文字まで。

全文はちょっと入りきりませんでしたが声優がいろいろ選べるのは楽しいですね。
ただかなりのコンピュータ声ですが。
日本人の声はおもいっきり日本語訛りで笑えます。


Natural Reader

naturalreader01

Natural Reader

主にヨーロッパの声優が選べます。
ここは再生スピードを8段階から選べるのでゆっくりや早口で聞くことができてありがたいです。

但し音質は残念ながらコンピュータ感が結構出てます。
声優にもよりますが。
入力文字数は350文字まで。

Google翻訳

googletranslate01

Google翻訳

あのGoogleのやっているサービスです。
サイトの作りがとてもシンプル。

再生機能はとても質素で一人の声優の音声が聞けるだけです。
ただ瞬時に文章を翻訳して表示してくれるので、ついでに訳が見たい場合は重宝します。
おまけに翻訳文の音声も聞ける。

そして日本語訳にマウスを乗せると、英文のほうでどれに相当するかを明示してくれる機能付き。

入力文字数の限界はわかりませんでした。
調査しきれないほど大きいです。
いくら文章をコピペして増やしても入力ウィンドウがどんどん拡大していき、翻訳もその分追加されていきました。
すげぇ。

VoiceText

voicetext01

VoiceText

HOYAサービスという音声合成ソフトウェアの会社のサイトです。

声優は日本や欧米や他のアジアが選べます。
PCでは声について速さ、高低、大きさが細かく設定できて便利ですが、Flashの使えないiPhoneではできないようです。

英語圏の声優は人によってはかなり自然にしゃべる部分が見られるのに対し、日本人声優の英語はここでも超絶日本語訛りでおもしろいです。
入力文字数は残念ながら200文字まで。

weblio翻訳

webliotranslate

weblio翻訳

weblioは文章の翻訳に音声も付けてくれます。

音声は文句無しに一番自然です。
これぐらいになると聞くのが全然苦になりません。
声の速度は遅くできるのに速くできないところはおしい。

入力文字数はなんと4000文字まで可能。

株式会社エーアイ 音声合成ソリューション

aicorp01

音声合成ソリューション

音声速度は9段階あり速くも遅くも出来ます。
人物もいろいろ選べますが日本人がやたら多いです。
日本人声優の場合はピッチと抑揚も変更できるので主に日本語の文章用なのかもしれません。

ちょっと気になるところがあって、アクセスする度に入力ウィンドウ内の説明を毎回自分でクリアしなければならない。(これは試し再生がすぐできるという利点ではあります)
あと、人物を変えると文章を入力し直さなければならないのはなんとかして欲しいところです。

イラストの雰囲気がほのぼのしてていいですね
入力文字数は300文字まで。

関西語バージョンもおもしろいです。
関西弁風音声合成デモ

例文タイプ。使う場面がまるわかりですげー

詳しく知りたい単語や熟語の例文を紹介してくれるサイトです。
これは使わなきゃ損でしょ。

ゴガクル 英語のフレーズ

gogakuru01

ゴガクル 英語のフレーズ

入力した単語や熟語から例文を出してくれて、しかも音声が聞けるという素晴らしいサイトです。

もちろん合成でなく本物でしかも訳付きです。
いや~便利すぎる!

過去にテレビやラジオで放送した「リトル・チャロ」「ラジオ英会話」「基礎英語」「コーパス100!で英会話」などたくさんのコンテンツの中から選んでいるようです。

Weblio英語例文検索

weblioexample01

Weblio英語例文検索

またまた登場のweblioですが、例文の情報量も豊富です。
こちらは音声が合成となっていますが、丸々一つの文だけじゃなくよく使われる部分的なフレーズも紹介しています。

情報源をどの辞典からにするか選択できるので、不要なものを絞ることができます。

最後に

スマートフォンではiPod Touch(iPhone)で全てのサイトを確認しましたが全部再生できました。

英語はネイティブの実際に話す速度で聞くのは大事です。
最初の頃はゆっくりした音声でも聞けることが素晴らしいけど、必ずネイティブ速度の音声も聞けるようにすることを心がけてください。

だって「ほんとに同じ文?」ってくらい全然違う発音の場合があるんですから。

それでは~。


ぜひシェアしていって!


関連記事

bluesky01

俺はそれぞれの月を英語で覚えるのにこんなイメージしている

以前に各曜日のイメージを英語で記憶してみてはどうでしょうという提案をしました。 こんな風に記憶して

記事を読む

jobs01

ジョブズのスピーチの余談。atとfor

「英文を音声再生してくれるサイトまとめ」の記事でジョブズのスピーチを取り上げたのですが、結局音声のチ

記事を読む

post01

putやpowerやpostなどPの発音は「プッ」と破裂させればよい

今回はPの発音方法についてです。 パ行として聴いたり発声したりしても英語初心者は特別に困ることはな

記事を読む

learning01

east、when、learningなどEの発音を記憶にとどめよう

今回はEの発音です。 このEの発声方法もいくつかありますがそんなに難しくはないです。 前

記事を読む

gundam01

give、go、giantなどGの発音を理解しようよ

今回はGの発音についてです。 この大文字のGを見るとどうしてもガンダムを思い出しますね。 W

記事を読む

tooth01

teachやtestやtoothに代表されるTの発音方法とはなんぞや

今回はTの発音です。 単純な「タ行」とはちょっと違いますが、決して難しいものではありません。 さ

記事を読む

maru01

YouTubeの英語コメントを楽しもう

英語初心者で学習方法を確立していないと悩みますよね。 たいていの人は本やラジオやテレビの英語講座を

記事を読む

hawthorn01

結果発表!3月がMarchで5月がMayだってことを混同せず覚えることができたか

もう5月も終わりなわけですがあれは一体どうなったのでしょうか? そう、私は3月と5月がそれぞれ

記事を読む

medium_4746361789

sipやseaやsameなどのSの発音の出だしは「ス」だと思ってよい

Sの発音は日本人にとって難しくないんですが、なるべくネイティブに近い発音を覚えたほうが良いです。

記事を読む

snow01

WHの発音とは?ちょこっと矯正してもみても損はないよ

WHの発音はハ行なんですが、あれ?と思う方もいるでしょう。 whatなどWがあるのにその発音はどこ

記事を読む

    • rss
    • rss
    • follow us in feedly
  • 英語がまるでだめだったIT系。
    学習方法や記憶や人の能力向上について書いています。
    ついでにPS4も。
    自分もみんなもペラペラにするべく、英語学習の中心となるおもしろいサイトを企画進行中。
    詳細はこちら