*

英語を体系的に教えてしまうと学習者にとって何が悪いのか

公開日: : 最終更新日:2014/03/03 良い学習方法, 英語やろう | , ,

medium_2754569792

教える側の人ってのは、きっちり勉強してきた頭のいい人達も多いと思います。
その知識を生かして何かを次の世代に伝えたい。

わかります。

英語の全体像はこんな風になっているんだよ。
語順にはまずこんな体系があって細かくこういう規則に分かれているんだよ。
なんとか詞はこんなにいっぱい種類があるんだよ。
どうたらこうたら。

はっきり言っておきます。
知るかそんなもん!

photo credit: ooki_op via photopin cc

教える側の都合で教えようとするな

貴様はもう勉強し理解して頭に入っているかもしれないが、こっちは真っ白でこれから英語というキャンバスに色を塗っていくんだ!
描かせろよ!

まずなんでもいいから見たまま思いつくまま絵を描いてみたいんだよ!
なんだよ間違ったっていいだろ!
描く前から筆の正しい持ち方講座、場面にあった色の選び方、構図の決め方・・・

うんざりだ!

英語を系統立てて教えるやり方はやめていただきたいんです。
そういう教え方の対象者は優秀で頭のいい人か、その細かい部分の一つ一つを既に理解している人なんです。

人も見ず街も見ず自然も見ず、いきなりこれ日本ですって衛星写真を見せられる

とにかくまず学習者にとって最も簡単で見慣れた光景から始めてください。

青い画用紙を見せてblue(ブルー)と発声させる。
青い車の写真を見せてblue car(ブルーカー)と発声させる。
簡単な例ですがこうやって少しづつ発展させていくわけです。

その時点でその人にとってもっともわかりやすいこと、なじみやすいことから始めていくべき。

簡単なイメージで覚えるのがとても大切で写真だって空想だっていい。
全人類におすすめの英語学習方法はたった一つ!単語はイメージで覚える

それに対していきなり概要から教えるとこうなります。
はーいこれから何々詞という分類を教えまーす。
Iは「私」という意味で何々格という名称でーす。
myは「私の」という意味で何々格と名づけられていまーす。
meは「私を」または「私に」でこれは何々格っていうんですよ・・・

いいかげんにしてください。

地獄です。
こんなことを永遠と教えられるのです。
あの場所では。

私たちが学びたいのは英語です。

読んで、書いて、聞いて、しゃべりたい。
英語をそのまま理解したい。
そしてその知識を活用して仕事や趣味に役立てたい。
感動して笑って泣きたい。

仕事にも趣味にもなんの役にも立たない専門用語が知りたいわけじゃないんです。
英語という不可思議な学問をやっているつもりはないんですよ。

何々詞や何々格なんて言葉が実際の英語の会話で出てきますか?
映画で出てきますか?

サイトや新聞ではどうですか?
こんな用語を覚える時間も脳みそももったいないです。

場面に合った文を読みゃあいいんです。書きゃあいいんです。聞きまくってしゃべりゃあいいんです。
そうしてとにかく英語そのものを直接覚えるほうが遥かに有意義です。

こんなことこれから英語を学ぶ人に対してやることじゃない。
教わる側すなわち学習者の立場に全然立っていないんですね。
教える側はよかれと思ってやっていても、教わる側にとっては無駄な困難になるんです。

英語は数学じゃない

  • 英語を全体概要から教えてはならない。
  • いきなり分類してはいけない。
  • 最初から親近感がわき範囲が狭く学びやすい点から教えていく。

これでいいんです。
教える側の都合なんてくそくらえです。
わからないから学ぶのに、その教わり方ではわかりづらいしそもそもつまらなすぎるんですから。

そして最も末端のことから教えてそれが理解できてから、初めてその枠組みを教えればいいんです。(但しそれを教えるのは学習者にとってあきらかに知ったほうが良い内容に限ります)

必要な場合でも体系の上から教えるのでなく最も下の身近でわかりやすいところから教える。
体系立ては教える側の都合でしかない。
いいとこ取りでおもしろいところや興味の湧くところをつまんで教えていくべきなんです。

英語は数学と違います。
法則を覚えればいくらでも応用できる数学は規則が大事ですが、英語にそれを適用するべきではありません。

数学には数という無限の要素がありますが、英語は単語という血の通ったもので構成されルールで縛られていません。
まるで違うものなんです。

体系化され分類された項目を定められた順番に教えていく、こんなこともうやめましょう。
つまんないです。

体系なんてばらばらでもいい。
分類なんてどうでもいい。
身近なところから、英語って簡単なんだよと壁を取り払いましょう。
好奇心を育ててやりましょう。

では自分はどうしたらよいか

好きなこと好きなメディアから始めましょう。
本やラジオやテキストやサイトを選んでください。
自分のレベルにあっていて、分からない単語が1文に1個前後ぐらいなら最高です。

なじみのある語順が多いものにしましょう。
英語で語順が自然に理解できる理由、文法を学んではいけない主張

全部の単語の意味がわかっても何を言っているのかさっぱりわからない文もこれから出てきます。
そんな文ばかりだとやっていてなかなか身につかないですからね。

英語はいきなりできるもんじゃないです。
好きな音楽やサイトの一文を何かなとちょっと調べるなんてことの積み重ねでも、いつのまにか結構できるようになっているものなんです。


ぜひシェアしていって!


関連記事

net01

nice、net、noseなどNの発音を覚えよう

今回はNの発音です。 日本人にとってMの発音と勘違いしやすいかもしれませんが別のものです。 mo

記事を読む

vocal00

live、victory、voiceなどVの発音をヴァッチリきめようぜ

今回はVの発音です。 日本人には全く馴染みの無い発声方法をしますが、慣れてしまえばさほど難しく

記事を読む

pen01

This is a pen ほど難しい文章は無い!英語初心者にこんなものを教えるな!

ある程度英語がわかってくるとこれまで教えられてきた方法で愕然とするものがあります。 I my

記事を読む

iloveu01

iの発音は大丈夫と思っている人、それちょっとだけ違うよって話

iの発音は主に「イ」で問題ないと思っている人たち。 ところがそうじゃない! いつものようにほ

記事を読む

face01

「クッ」や「ス」であるCの発音を学んでみよう

今回はCの発音です。 Cの発音はいくつかの種類ありますがどれも難しくありません。 さっそくい

記事を読む

gundam01

give、go、giantなどGの発音を理解しようよ

今回はGの発音についてです。 この大文字のGを見るとどうしてもガンダムを思い出しますね。 W

記事を読む

fork01

fork、flag、ofなどに代表されるFの発音を理解してフォー!

今回はFの発音について。 Fの発声方法は主に2種類あります。 Vの発音と同じ場合もあります。

記事を読む

kick01

Kの発音は破裂音。笑いがもれるぜ「クックックッ」

今回はKの発音について。 日本人にとって特別難しいことはないと思いますが、必ず一度はこの記事を見て

記事を読む

a0055_000116

英語の勉強中に日本語の訳文を見たら一歩後退すると思え

突然ですが英語の学習方法でとても大きな分け方として2種類あります。 英語だけで教わる 英語と

記事を読む

door01

door、desk、holdなどDの発音について気持ちを込めて解説する

今回はDの発音について。 これも特別にむずかしいことはありませんが、ほんのちょっとダ行とは違ってい

記事を読む

    • rss
    • rss
    • follow us in feedly
  • 英語がまるでだめだったIT系。
    学習方法や記憶や人の能力向上について書いています。
    ついでにPS4も。
    自分もみんなもペラペラにするべく、英語学習の中心となるおもしろいサイトを企画進行中。
    詳細はこちら