*

ジョブズのスピーチの余談。atとfor

公開日: : 最終更新日:2014/03/03 英語やろう, 雑学 | ,

jobs01

「英文を音声再生してくれるサイトまとめ」の記事でジョブズのスピーチを取り上げたのですが、結局音声のチェックに使っただけで記事内で特別どうこうというのはありませんでした。
音声好きな英語学習者へ!英文を再生して読んでくれる辞書サイトまとめ

実はちょっとだけ引っかかってしまい時間を取られた部分があったのでそれを書きます。

photo credit: tsevis via photopin cc

atとfor

このスピーチの文章はいろんなところで紹介されています。

スタンフォード大学のサイト
Text of Steve Jobs’ Commencement address (2005)

日本語でも多くのサイトが紹介していますがその一例
Stay hungry, Stay foolish.

上の二つもそうですが、あのスピーチの冒頭の表現について英語圏での紹介でも異なっている箇所があります。

  • I’m honored to be with you today at your commencement
  • I’m honored to be with you today for your commencement

youtubeの動画では確かにforと言っていてますが、公式字幕を確認するとatとなっています。
Steve Jobs’ 2005 Stanford Commencement Address

これが気になって英文再生のまとめにやたら時間がかかってしまいました。(他にも理由あるけど)

どうもこれは準備された原稿がatとなっていたためということのようです。
steve jobsのスタンフォード大学でのスピーチについて。
つまり元はatなんだけど実際にはforって発言したということ。

だからなんだと言われても困る!

ちなみにこの映像の自動字幕機能で確認したらなんとifになっています(他の人がアップした映像ではちゃんとforと判別できているのもある)

全自動の道はまだまだ遠い!


ぜひシェアしていって!


関連記事

kick01

Kの発音は破裂音。笑いがもれるぜ「クックックッ」

今回はKの発音について。 日本人にとって特別難しいことはないと思いますが、必ず一度はこの記事を見て

記事を読む

maru01

YouTubeの英語コメントを楽しもう

英語初心者で学習方法を確立していないと悩みますよね。 たいていの人は本やラジオやテレビの英語講座を

記事を読む

morning01

morningやmapやhimに代表されるMの発音とはなんじゃらほい

わかる発音シリーズの今回は? そう、もちろんMの発音です。 特にむずかしいことはないのですが

記事を読む

post01

putやpowerやpostなどPの発音は「プッ」と破裂させればよい

今回はPの発音方法についてです。 パ行として聴いたり発声したりしても英語初心者は特別に困ることはな

記事を読む

out01

or、out、host、toなどOの発音にはいくつかの種類がある

一見簡単で「オ」しか無いように見えるOの発音にはいくつかの種類が存在します。 一つ一つを言われ

記事を読む

medium_4746361789

sipやseaやsameなどのSの発音の出だしは「ス」だと思ってよい

Sの発音は日本人にとって難しくないんですが、なるべくネイティブに近い発音を覚えたほうが良いです。

記事を読む

IMG_7470

音声好きな英語学習者へ!英文を再生して読んでくれる辞書サイトまとめ

この単語の音声が聞きたい!ってときありますよね。 紙の辞書で意味を調べたはいいが、しょうがないから

記事を読む

a0800_000850

英語はそのまま直接理解したほうが良い理由

英語の単語、熟語、文を覚えようとするとき日本語に訳さず直接覚えたほうが絶対に良いです。 でもそもそ

記事を読む

medium_2754569792

英語を体系的に教えてしまうと学習者にとって何が悪いのか

教える側の人ってのは、きっちり勉強してきた頭のいい人達も多いと思います。 その知識を生かして何かを

記事を読む

wild01

Wの発音を知ろう。少しの違いが分かれば英語を上達させるのだから

一般に日本人がWを発声するときはア行やワ行など様々なカタカナに変化しています。 ア行なら

記事を読む

    • rss
    • rss
    • follow us in feedly
  • 英語がまるでだめだったIT系。
    学習方法や記憶や人の能力向上について書いています。
    ついでにPS4も。
    自分もみんなもペラペラにするべく、英語学習の中心となるおもしろいサイトを企画進行中。
    詳細はこちら