*

ジョブズのスピーチの余談。atとfor

公開日: : 最終更新日:2014/03/03 英語やろう, 雑学 | ,

「英文を音声再生してくれるサイトまとめ」の記事でジョブズのスピーチを取り上げたのですが、結局音声のチェックに使っただけで記事内で特別どうこうというのはありませんでした。
音声好きな英語学習者へ!英文を再生して読んでくれる辞書サイトまとめ

実はちょっとだけ引っかかってしまい時間を取られた部分があったのでそれを書きます。

photo credit: tsevis via photopin cc

atとfor

このスピーチの文章はいろんなところで紹介されています。

スタンフォード大学のサイト
Text of Steve Jobs’ Commencement address (2005)

日本語でも多くのサイトが紹介していますがその一例
Stay hungry, Stay foolish.

上の二つもそうですが、あのスピーチの冒頭の表現について英語圏での紹介でも異なっている箇所があります。

  • I’m honored to be with you today at your commencement
  • I’m honored to be with you today for your commencement

youtubeの動画では確かにforと言っていてますが、公式字幕を確認するとatとなっています。
Steve Jobs’ 2005 Stanford Commencement Address

これが気になって英文再生のまとめにやたら時間がかかってしまいました。(他にも理由あるけど)

どうもこれは準備された原稿がatとなっていたためということのようです。
steve jobsのスタンフォード大学でのスピーチについて。
つまり元はatなんだけど実際にはforって発言したということ。

だからなんだと言われても困る!

ちなみにこの映像の自動字幕機能で確認したらなんとifになっています(他の人がアップした映像ではちゃんとforと判別できているのもある)

全自動の道はまだまだ遠い!


ぜひシェアしていって!

関連記事

quest、quality、quietなどQの発音をちょいと練習してみよう

今回はQの発音についてです。 その前にDictionary.comやDailymotionなど

記事を読む

英語の区分けが上達の近道!例文を探し出せるすごい検索方法も伝授

英語の学習は単語から始まって熟語や文とどんどん覚える長さが増えてきます。 英語初心者は長文を見ると

記事を読む

アウトプットすることで記憶される。インプットだけでは脳が覚えてくれない

英語に限らず誰でも学校の勉強や家事や仕事などで、いろんなことを覚えなければいけないときが多いと思いま

記事を読む

Wの発音を知ろう。少しの違いが分かれば英語を上達させるのだから

一般に日本人がWを発声するときはア行やワ行など様々なカタカナに変化しています。 ア行なら

記事を読む

live、victory、voiceなどVの発音をヴァッチリきめようぜ

今回はVの発音です。 日本人には全く馴染みの無い発声方法をしますが、慣れてしまえばさほど難しく

記事を読む

勢いのあるオナラを出せ!Bの発音は破裂させよう

Bの発音はバ行と考えていいと思います。 英語初心者はVの発音と混同する場合がありますが、Bのほうは

記事を読む

morningやmapやhimに代表されるMの発音とはなんじゃらほい

わかる発音シリーズの今回は? そう、もちろんMの発音です。 特にむずかしいことはないのですが

記事を読む

Japan、juice、jobに代表されるJの発音を把握してみよう

Jの発音は特に難しいものではないと思います。 ただ破擦音という聞きなれない言葉があってJの発音はま

記事を読む

door、desk、holdなどDの発音について気持ちを込めて解説する

今回はDの発音について。 これも特別にむずかしいことはありませんが、ほんのちょっとダ行とは違ってい

記事を読む

乾燥剤の注意書きが読める人は間違っても食べない、は正しくない

食べ物のパッケージにたまに入っている乾燥剤ありますよね。 最近は袋のビニールの性能が上がったの

記事を読む

    • rss
    • rss
    • follow us in feedly
  • 英語がまるでだめだったIT系。
    学習方法や記憶や人の能力向上について書いています。
    ついでにPS5も。
    自分もみんなもペラペラにするべく、英語学習の中心となるおもしろいサイトを企画進行中。
    詳細はこちら