*

door、desk、holdなどDの発音について気持ちを込めて解説する

公開日: : 英語やろう, わかる発音 | ,

今回はDの発音について。
これも特別にむずかしいことはありませんが、ほんのちょっとダ行とは違っています。
そのちょっとの違いを気づいてい実践できるようになれば、よりネイティブの気持ちがわかってくると思います。

photo credit: Aldor via photopin cc

Dの発音とは

Dの発音は破裂音で有声音です。

上の歯の近くの歯茎に舌をつけて、はねるように「ドゥッ」と声帯を鳴らします。
なんかずっこけた音に似てる。

Dの発声方法はたいていTの発音となぞらえます。
同じ口の形、同じ舌の使い方で違うのが、Dは有声音でTは無声音だということなんです。
teachやtestやtoothに代表されるTの発音方法とはなんぞや

さっそく例です。

必ず一度は実際に聞いて発音してみてください。

ちなみにこちらでは舌の動きをアニメーションで解説してくれています。
英語の発音―Level 2―子音
歯茎の裏に舌をくっつけている様子がよくわかりますね。

こっちではDの音がTの発音に変化する場合について説明されています。
英語・発音・語彙/英語耳
こういう変化もちょこっと耳に入れて、なるほどと思うだけでも全然違ってきますよ。

カタカナはかならず参考程度にする

カタカナはあくまで初心者にわかりやすくしているだけで、見習うべきはネイティブの音声です。

カタカナがこう書いてあるからとか固執しちゃだめですよ。
例えば「ッ」にこだわらなくても聞いたまま発声すればいいんです。

でもカタカナって単語の文字がどのようにネイティブの発音となるのか、その対比が理解できるようになれば結構お得なんですよ。

というのは初見の単語が出てきたときにカタカナが書いてあれば、それだけで手っ取り早い発音の参考にできるようになるんです。

アルクのWEB英語辞書でも発音はカタカナで表示されています。
英語・語学の学習情報サイト「スペースアルク」:アルク

最後に

発音系はいつも同じような内容なんでタイトルを考えるのが楽じゃないっすね。
もうあんまり思いつかないんでとりあえず気持ちを込めてみました。
ドゥッフフ・・・

ほんじゃまた。



ぜひシェアしていって!

関連記事

わかってしまえば簡単!Rの発音を理解する方法

Rの発音は日本人にとってはLの発音と並んで難しい単語の一つです。 日本語には存在しない発声方法を行

記事を読む

putやpowerやpostなどPの発音は「プッ」と破裂させればよい

今回はPの発音方法についてです。 パ行として聴いたり発声したりしても英語初心者は特別に困ることはな

記事を読む

結果発表!3月がMarchで5月がMayだってことを混同せず覚えることができたか

もう5月も終わりなわけですがあれは一体どうなったのでしょうか? そう、私は3月と5月がそれぞれ

記事を読む

英文字のLの発音はわかってみると意外と簡単だった

日本人にとって英語の発音を学習するのに難しい代表格がLとRの区別です。 この中でもちょっと的を絞っ

記事を読む

chat、choose、chopなどCHの発音はチャ、チュ、チョでいこう

今回はCHの発音です。 Cの発音についてはこちらをどうぞ。 「クッ」や「ス」であるCの発音を

記事を読む

sipやseaやsameなどのSの発音の出だしは「ス」だと思ってよい

Sの発音は日本人にとって難しくないんですが、なるべくネイティブに近い発音を覚えたほうが良いです。

記事を読む

全人類におすすめの英語学習方法はたった一つ!単語はイメージで覚える

英語がなかなか上達しない。 文法用語が多すぎて覚えきれない。 英文はまず日本語に訳すので時間がか

記事を読む

アウトプットすることで記憶される。インプットだけでは脳が覚えてくれない

英語に限らず誰でも学校の勉強や家事や仕事などで、いろんなことを覚えなければいけないときが多いと思いま

記事を読む

Wの発音を知ろう。少しの違いが分かれば英語を上達させるのだから

一般に日本人がWを発声するときはア行やワ行など様々なカタカナに変化しています。 ア行なら

記事を読む

英語は今必要な言葉を覚えればいい。使わない言葉はどうせすぐ忘れる

普段テキストで英語の勉強をしていると、しょっちゅうむずかしい単語や熟語が出来てきます。 文の語順(

記事を読む

    • rss
    • rss
    • follow us in feedly
  • 英語がまるでだめだったIT系。
    学習方法や記憶や人の能力向上について書いています。
    ついでにPS4も。
    自分もみんなもペラペラにするべく、英語学習の中心となるおもしろいサイトを企画進行中。
    詳細はこちら