*

勢いのあるオナラを出せ!Bの発音は破裂させよう

公開日: : 最終更新日:2014/03/03 わかる発音, 英語やろう | ,

Bの発音はバ行と考えていいと思います。
英語初心者はVの発音と混同する場合がありますが、Bのほうは簡単なので慣れてくるとすぐに自分の中で違いがわかってきます。

ただPの発音と同じで破裂音だということは頭にとどめておいてください。
putやpowerやpostなどPの発音は「プッ」と破裂させればよい

Tの発音も破裂音です。
teachやtestやtoothに代表されるTの発音方法とはなんぞや

photo credit: lu_lu via photopin cc

Bの発声は勢いよくぶっぱなそう

口を閉じて息を唇で破裂させるように「ブッ」と吐き出します。
backなら「ブ」と「ァ」と「ッ」を同時に発声する感じです。

  • backは ブァック (奥、背中)
  • bigは ブィッグ (かばん)
  • bookは ブック (本)
  • bestは ブェッスト (最高)
  • ballは ブォッール (ボール、球)

もちろんバック、ビッグ、ベスト、ボールと発音してもたいして違いはありません。
ちょっとでも破裂の意識を持っていれば十分です。

こちらで発音を聞けます。
backの意味 weblio

こちらはあまり破裂してません。
back Dictionary.com

今回はBの発音についてなのでBの部分に的を絞って説明しています。

聞きなれない場合は必ず実際の発音を聞いて発音してみてください。
聞いてしゃべるを実践すれば、より英語脳となっていきますよ!


ぜひシェアしていって!

関連記事

putやpowerやpostなどPの発音は「プッ」と破裂させればよい

今回はPの発音方法についてです。 パ行として聴いたり発声したりしても英語初心者は特別に困ることはな

記事を読む

sipやseaやsameなどのSの発音の出だしは「ス」だと思ってよい

Sの発音は日本人にとって難しくないんですが、なるべくネイティブに近い発音を覚えたほうが良いです。

記事を読む

最初からそう言ってくれよ!LとRの発音で違いが理解できる覚え方

LとRの発音の区別は日本人には再難関の問題です。 ネイティブは本当にlightとrightを聞いた

記事を読む

似たり反対の意味の英単語を同時に覚えると記憶が混同する

これ英語のテキストでよくこういう教え方が出てきます。 もちろん対比という意味では間違っていません。

記事を読む

morningやmapやhimに代表されるMの発音とはなんじゃらほい

わかる発音シリーズの今回は? そう、もちろんMの発音です。 特にむずかしいことはないのですが

記事を読む

Hの発音。 ( ゚∀゚) ハハノヽ/ \ と声を出さず息を吹きかけよう

今回はHの発音について。 日本人には特に悩む発声ではないでしょう。 およそカタカナのハ行で問

記事を読む

英語はそのまま直接理解したほうが良い理由

英語の単語、熟語、文を覚えようとするとき日本語に訳さず直接覚えたほうが絶対に良いです。 でもそもそ

記事を読む

俺はそれぞれの月を英語で覚えるのにこんなイメージしている

以前に各曜日のイメージを英語で記憶してみてはどうでしょうという提案をしました。 こんな風に記憶して

記事を読む

英語を体系的に教えてしまうと学習者にとって何が悪いのか

教える側の人ってのは、きっちり勉強してきた頭のいい人達も多いと思います。 その知識を生かして何かを

記事を読む

英語で語順が自然に理解できる理由、文法を学んではいけない主張

英語がたいしてできるわけじゃない人でも、ある程度読めると仕事や勉強などの技術的な問題で検索したときに

記事を読む

    • rss
    • rss
    • follow us in feedly
  • 英語がまるでだめだったIT系。
    学習方法や記憶や人の能力向上について書いています。
    ついでにPS5も。
    自分もみんなもペラペラにするべく、英語学習の中心となるおもしろいサイトを企画進行中。
    詳細はこちら