*

live、victory、voiceなどVの発音をヴァッチリきめようぜ

公開日: : 最終更新日:2019/01/09 わかる発音, 英語やろう | ,

今回はVの発音です。

日本人には全く馴染みの無い発声方法をしますが、慣れてしまえばさほど難しくありません。
変に日本語に近い発音方法よりは違ってくれている分だけ楽です。

それではやっていきましょう。

photo credit: WalterPro4755 via photopin cc

Vの発音とは

Vの発音は摩擦音で有声音です。

まず上の前歯を下の唇に軽く押し当てます。
そこの隙間から唇を震わせるながら息を吐き出します。

それでは例です。

  • live ライヴ (生きる) 発音
  • value ヴァリュー (価値)  発音
  • victory ヴィクトリー (勝利) 発音
  • verify ヴェリファイ (証明する) 発音
  • voice ヴォイス (声) 発音

注意
liveは「生きる」という意味の場合ライヴですが、「住む」という意味の場合はリヴなので気をつけてください。

最初はやはり「バ行」と混同してしまいますね。
カタカナだとまずそれで表されてしまいますから。

肝心なのは「バ行」とは全く違うものとして覚えること。
カタカナと英語は全く別物としてきっぱり分けて記憶したほうがさっぱりします。

下唇を噛んで震わせる、Vが出てきたら常にこれを意識するようしていれば自然と慣れてきます。
例で示した単語を必ず実際に聞いて発音してみてください。

Vなのに横着して「バ行」で覚えないようにしましょう。
やり始めは面倒くさくても確実に慣れていきますから。

体系的に覚えるのは時間の無駄

何の音が摩擦音だとか有声音だとか、そんな個別の分類を体系的に覚える必要ありません。
このブログでも散々言っていますが、それぞれの事柄に対して分類を覚えても実生活では何の役にも立ちません。

英語を体系的に教えてしまうと学習者にとって何が悪いのか

ただ言葉そのものは知っておいて損は無いのです。
今回のVの発音もそうです。

「摩擦音」だから小さな隙間から無理やり息を通すのだな、「有声音」だから声帯を振動させるのだな、という具合にVの発音がわからない場合の指針になるのです。

つまりそういった手助けや参考にはなるんですね。
それでかまわないのです。

26文字のアルファベットについて、それぞれが分類上何という名前の音だかなんて記憶するのは完全に時間の無駄です。

そんな時間があったら一つでも単語の意味をイメージで覚えたほうが遥かに有意義です。
時間は有限なんですから。

最後に

ところでVで終わる単語が見つからなかったのですが存在するんですかね。
と思ったらderv(ディーゼル燃料)やspiv(闇屋)というのがありました。
これらの単語は載ってない辞書もあるので、あまり一般的な言葉ではないのかもしれません。

それではまた。


ぜひシェアしていって!

関連記事

or、out、host、toなどOの発音にはいくつかの種類がある

一見簡単で「オ」しか無いように見えるOの発音にはいくつかの種類が存在します。 一つ一つを言われ

記事を読む

extra、excellent、exitなどXの発音を覚えるべし

今回はXの発音です。 二つ紹介しますがどちらも似たようなものです。 わかってしまえば簡単な発

記事を読む

apple、all、makeなどAの発音を始めてみよう

今回はアルファベット最初の文字であるAの発音です。 Aにはいくつかの発声の仕方がありますが、おそら

記事を読む

英語を体系的に教えてしまうと学習者にとって何が悪いのか

教える側の人ってのは、きっちり勉強してきた頭のいい人達も多いと思います。 その知識を生かして何かを

記事を読む

door、desk、holdなどDの発音について気持ちを込めて解説する

今回はDの発音について。 これも特別にむずかしいことはありませんが、ほんのちょっとダ行とは違ってい

記事を読む

英語は今必要な言葉を覚えればいい。使わない言葉はどうせすぐ忘れる

普段テキストで英語の勉強をしていると、しょっちゅうむずかしい単語や熟語が出来てきます。 文の語順(

記事を読む

Japan、juice、jobに代表されるJの発音を把握してみよう

Jの発音は特に難しいものではないと思います。 ただ破擦音という聞きなれない言葉があってJの発音はま

記事を読む

大地震のとき外人が選んだのは?hopeとwishの違いを猫のまるが教えてくれた

英語の学習をしているとき「これ似てるなあ」「どういう違いがあるんだろう」と思うときありますよね。

記事を読む

teachやtestやtoothに代表されるTの発音方法とはなんぞや

今回はTの発音です。 単純な「タ行」とはちょっと違いますが、決して難しいものではありません。 さ

記事を読む

英語はそのまま直接理解したほうが良い理由

英語の単語、熟語、文を覚えようとするとき日本語に訳さず直接覚えたほうが絶対に良いです。 でもそもそ

記事を読む

    • rss
    • rss
    • follow us in feedly
  • 英語がまるでだめだったIT系。
    学習方法や記憶や人の能力向上について書いています。
    ついでにPS5も。
    自分もみんなもペラペラにするべく、英語学習の中心となるおもしろいサイトを企画進行中。
    詳細はこちら