*

「クッ」や「ス」であるCの発音を学んでみよう

公開日: : 最終更新日:2014/03/22 わかる発音, 英語やろう | ,

face01

今回はCの発音です。

Cの発音はいくつかの種類ありますがどれも難しくありません。
さっそくいってみましょう。

CHの発音についてはこちらをどうぞ。
chat、choose、chopなどCHの発音はチャ、チュ、チョでいこう

photo credit: cuatrok77 via photopin cc

Cの発音とは

二つの種類を順番に見ていきます。
難しいことは何も無いです。

破裂音の「クッ」

Cの発音はKの発音と同様に破裂音で「クッ」です。
Kの発音は破裂音。笑いがもれるぜ「クックックッ」

日本語でいうならカ行ですが、のどを震わせない無声音でもあります。

例です。

  • calm クァーム (静かな) 発音
  • cost クォスト (費用) 発音

必ず実際の発音を聞いてください。
カタカナでなくそれが本当の正解なのですから。

別にカーム、コストでも問題ないと思います。

無声音の「ス」

サ行の「ス」です。
無声音なのでこちらも声帯を使いません。

例をご覧ください。

  • center センター (中央) 発音
  • face フェイス (顔) 発音

聞いたら発音してくださいね。

「クッ」と「ス」を区別する方法

どういうときに「クッ」と読み、どういうときに「ス」と読むかを見分けるには、こちらのベストアンサーに選ばれた回答が参考になります。

★cの後ろに a または o または u がきている場合は、『ク』。
発音記号で書くと、[k] となります。
例)cat,can,cap, curd, cook, cocoa, cola, coffee,cup

★cの後ろに e またはi がきている場合は、『ス』。
発音記号で書くと、[s] となります。
例)cent, center, city, cinema,

英語のアルファベットのCで始まる単語の発音の仕方は、何故にか行とた行と複数… – Yahoo!知恵袋

なるほど納得です。

おわりに

えーと、それじゃまた。


ぜひシェアしていって!


関連記事

nature01

英語で語順が自然に理解できる理由、文法を学んではいけない主張

英語がたいしてできるわけじゃない人でも、ある程度読めると仕事や勉強などの技術的な問題で検索したときに

記事を読む

improve01

英語の区分けが上達の近道!例文を探し出せるすごい検索方法も伝授

英語の学習は単語から始まって熟語や文とどんどん覚える長さが増えてきます。 英語初心者は長文を見ると

記事を読む

wild01

Wの発音を知ろう。少しの違いが分かれば英語を上達させるのだから

一般に日本人がWを発声するときはア行やワ行など様々なカタカナに変化しています。 ア行なら

記事を読む

door01

door、desk、holdなどDの発音について気持ちを込めて解説する

今回はDの発音について。 これも特別にむずかしいことはありませんが、ほんのちょっとダ行とは違ってい

記事を読む

a0800_000850

英語はそのまま直接理解したほうが良い理由

英語の単語、熟語、文を覚えようとするとき日本語に訳さず直接覚えたほうが絶対に良いです。 でもそもそ

記事を読む

doglaugh01

Hの発音。 ( ゚∀゚) ハハノヽ/ \ と声を出さず息を吹きかけよう

今回はHの発音について。 日本人には特に悩む発声ではないでしょう。 およそカタカナのハ行で問

記事を読む

fart01

勢いのあるオナラを出せ!Bの発音は破裂させよう

Bの発音はバ行と考えていいと思います。 英語初心者はVの発音と混同する場合がありますが、Bのほうは

記事を読む

happy01

こんな風に記憶してみては?英語の曜日をイメージで覚える方法

この前MarchとMayがごっちゃになっていて区別がついていないという話をしました。 いつになって

記事を読む

post01

putやpowerやpostなどPの発音は「プッ」と破裂させればよい

今回はPの発音方法についてです。 パ行として聴いたり発声したりしても英語初心者は特別に困ることはな

記事を読む

bluesky01

俺はそれぞれの月を英語で覚えるのにこんなイメージしている

以前に各曜日のイメージを英語で記憶してみてはどうでしょうという提案をしました。 こんな風に記憶して

記事を読む

    • rss
    • rss
    • follow us in feedly
  • 英語がまるでだめだったIT系。
    学習方法や記憶や人の能力向上について書いています。
    ついでにPS4も。
    自分もみんなもペラペラにするべく、英語学習の中心となるおもしろいサイトを企画進行中。
    詳細はこちら