*

WHの発音とは?ちょこっと矯正してもみても損はないよ

公開日: : 最終更新日:2014/03/03 英語やろう, わかる発音 | ,

WHの発音はハ行なんですが、あれ?と思う方もいるでしょう。
whatなどWがあるのにその発音はどこいったのかと。

そういったことも含めて解説していきます。
日本人が特別困るような発音ではないと思いますが、知っておいて損は無いです。

Wの発音がまだな方はこちらを先に見ておいてください。
Wの発音を知ろう。少しの違いが分かれば英語を上達させるのだから
これを既に読んでいる前提で話を進めます。

photo credit: Unitopia via photopin cc

WHの場合Hの発音がWより先に来ている

単にWとHが逆転してるだけなんです。
だからwhiteはまずHの発音をして、次にWの発音がくるホゥワイトとなるわけです。

Hの発音は息を吹きかけるようにする無声音の「ハ」です。
Hの発音。 ( ゚∀゚) ハハノヽ/ \ と声を出さず息を吹きかけよう

Wは「ゥワ」と続けて瞬時に発音しますのでこうなります。

  • whatは ホゥワット (何)
  • wheelは ホゥイール (車輪)
  • whenは フゥエン (いつ)

まずHの発音をしてからWの発音をするだけです。


Dictionary.com
what
wheel
when

who(フー)やwhole(ホール)みたいにWの発音が無い単語もあるので気に留めておいてください。

ちょっとやるだけでも違うのでぜひ練習してみてください。
それじゃまた。


ぜひシェアしていって!

関連記事

quest、quality、quietなどQの発音をちょいと練習してみよう

今回はQの発音についてです。 その前にDictionary.comやDailymotionなど

記事を読む

英語はそのまま直接理解したほうが良い理由

英語の単語、熟語、文を覚えようとするとき日本語に訳さず直接覚えたほうが絶対に良いです。 でもそもそ

記事を読む

or、out、host、toなどOの発音にはいくつかの種類がある

一見簡単で「オ」しか無いように見えるOの発音にはいくつかの種類が存在します。 一つ一つを言われ

記事を読む

Wの発音を知ろう。少しの違いが分かれば英語を上達させるのだから

一般に日本人がWを発声するときはア行やワ行など様々なカタカナに変化しています。 ア行なら

記事を読む

shipやshellやshopなどshの発音は「シャシュショ」を混ぜる

Sの発音は比較的簡単ですが、区別を付けたほうがよい場合があることを前にお伝えしました。 見てない方

記事を読む

英語は今必要な言葉を覚えればいい。使わない言葉はどうせすぐ忘れる

普段テキストで英語の勉強をしていると、しょっちゅうむずかしい単語や熟語が出来てきます。 文の語順(

記事を読む

アウトプットすることで記憶される。インプットだけでは脳が覚えてくれない

英語に限らず誰でも学校の勉強や家事や仕事などで、いろんなことを覚えなければいけないときが多いと思いま

記事を読む

fork、flag、ofなどに代表されるFの発音を理解してフォー!

今回はFの発音について。 Fの発声方法は主に2種類あります。 Vの発音と同じ場合もあります。

記事を読む

いつになっても3月のMarchと5月のMayの区別がつかず覚えられない理由

3月になりました。 というかもう中旬のど真ん中なのですが、ちょっと困ったことに気付きました。

記事を読む

putやpowerやpostなどPの発音は「プッ」と破裂させればよい

今回はPの発音方法についてです。 パ行として聴いたり発声したりしても英語初心者は特別に困ることはな

記事を読む

    • rss
    • rss
    • follow us in feedly
  • 英語がまるでだめだったIT系。
    学習方法や記憶や人の能力向上について書いています。
    ついでにPS5も。
    自分もみんなもペラペラにするべく、英語学習の中心となるおもしろいサイトを企画進行中。
    詳細はこちら