*

WHの発音とは?ちょこっと矯正してもみても損はないよ

公開日: : 最終更新日:2014/03/03 わかる発音, 英語やろう | ,

WHの発音はハ行なんですが、あれ?と思う方もいるでしょう。
whatなどWがあるのにその発音はどこいったのかと。

そういったことも含めて解説していきます。
日本人が特別困るような発音ではないと思いますが、知っておいて損は無いです。

Wの発音がまだな方はこちらを先に見ておいてください。
Wの発音を知ろう。少しの違いが分かれば英語を上達させるのだから
これを既に読んでいる前提で話を進めます。

photo credit: Unitopia via photopin cc

WHの場合Hの発音がWより先に来ている

単にWとHが逆転してるだけなんです。
だからwhiteはまずHの発音をして、次にWの発音がくるホゥワイトとなるわけです。

Hの発音は息を吹きかけるようにする無声音の「ハ」です。
Hの発音。 ( ゚∀゚) ハハノヽ/ \ と声を出さず息を吹きかけよう

Wは「ゥワ」と続けて瞬時に発音しますのでこうなります。

  • whatは ホゥワット (何)
  • wheelは ホゥイール (車輪)
  • whenは フゥエン (いつ)

まずHの発音をしてからWの発音をするだけです。


Dictionary.com
what
wheel
when

who(フー)やwhole(ホール)みたいにWの発音が無い単語もあるので気に留めておいてください。

ちょっとやるだけでも違うのでぜひ練習してみてください。
それじゃまた。


ぜひシェアしていって!

関連記事

わかってしまえば簡単!Rの発音を理解する方法

Rの発音は日本人にとってはLの発音と並んで難しい単語の一つです。 日本語には存在しない発声方法を行

記事を読む

under、user、UtopiaなどUの発音はいくつかあるって知ってた?

今回はUの発音についてやります。 なんの前振りもなくちゃちゃっと見ていきましょう。 Uの

記事を読む

英語を体系的に教えてしまうと学習者にとって何が悪いのか

教える側の人ってのは、きっちり勉強してきた頭のいい人達も多いと思います。 その知識を生かして何かを

記事を読む

最初からそう言ってくれよ!LとRの発音で違いが理解できる覚え方

LとRの発音の区別は日本人には再難関の問題です。 ネイティブは本当にlightとrightを聞いた

記事を読む

似たり反対の意味の英単語を同時に覚えると記憶が混同する

これ英語のテキストでよくこういう教え方が出てきます。 もちろん対比という意味では間違っていません。

記事を読む

英語で語順が自然に理解できる理由、文法を学んではいけない主張

英語がたいしてできるわけじゃない人でも、ある程度読めると仕事や勉強などの技術的な問題で検索したときに

記事を読む

shipやshellやshopなどshの発音は「シャシュショ」を混ぜる

Sの発音は比較的簡単ですが、区別を付けたほうがよい場合があることを前にお伝えしました。 見てない方

記事を読む

putやpowerやpostなどPの発音は「プッ」と破裂させればよい

今回はPの発音方法についてです。 パ行として聴いたり発声したりしても英語初心者は特別に困ることはな

記事を読む

大地震のとき外人が選んだのは?hopeとwishの違いを猫のまるが教えてくれた

英語の学習をしているとき「これ似てるなあ」「どういう違いがあるんだろう」と思うときありますよね。

記事を読む

アウトプットすることで記憶される。インプットだけでは脳が覚えてくれない

英語に限らず誰でも学校の勉強や家事や仕事などで、いろんなことを覚えなければいけないときが多いと思いま

記事を読む

    • rss
    • rss
    • follow us in feedly
  • 英語がまるでだめだったIT系。
    学習方法や記憶や人の能力向上について書いています。
    ついでにPS5も。
    自分もみんなもペラペラにするべく、英語学習の中心となるおもしろいサイトを企画進行中。
    詳細はこちら