*

YouTubeの英語コメントを楽しもう

公開日: : 最終更新日:2014/03/03 良い学習方法, 英語やろう | , ,

英語初心者で学習方法を確立していないと悩みますよね。
たいていの人は本やラジオやテレビの英語講座を見ているだけで、あとは英文が出てきても無視してしまうことが多いと思います。

(写真はYouTubeで有名なまるとはな

知りたいときが記憶するチャンス!

でもそれもったいない。
普段ネットサーフィンしているときでも好きなサイトで英語のコメントが書き込まれている場面が結構あります。

例えばYouTubeなんかで気になる音楽PVを見ていて、日本人が歌っているのに英語のコメントだらけなんてのもしょっちゅう出くわします。
好きなアーティストの映像について、世界のみんなが言っていること。

「これなんて書いているんだろう?」
チャンス!チャーンス!

ぜひ見てください。
覚えちゃってください。
だって気になりますよね?
わかんない部分は辞書を引いておよそこういうことを言っているんだな、と思うだけでも大成功です。

「まだ英語初心者だからどうせ見てもわかんないよ」
シャラープ!

とにかく見てみましょう。
コメントなんかは長い文でも意外とむずかしくないんです。

特に語順はよく見る簡単な並びなんですよ。
英語小説なんかとは違います。
だってみんな好きなことを書きなぐっているんですから。

英語で語順が自然に理解できる理由、文法を学んではいけない主張

知りたかったり楽しいことは強く印象に残る

なんとなくしかわかっていなかった、あるいは全然わかっていなかった単語で形成された文章。

世界はこんなこと思っていたのか!

これで強く印象に残るんです。
今や知りたかったことを知ったのです。

しかも都合のいいことに同じ事柄に関しては同じ単語を含めた似た言い回しをする傾向があります。
つまりコメントをいくつも楽しむだけで繰り返しその文体や単語を学べるんです。
これってすごく重要なんですよ。

英語は今必要な言葉を覚えればいい。使わない言葉はどうせすぐ忘れる

ある英語の物事に対して一回だけでなく何度も遭遇することで、強く記憶付けされるのはもちろんなのですがそれだけじゃないんです。

なんとそれらの環境が記憶するのにとても良いヒントとなるんです。
記憶は覚えたい事に関係する事柄を、記憶から引っ張り出すときに使うヒントととして同時に覚えます。

つまり単語や文をただやみくもに覚えるのでなく、その物事独自の環境も含めて覚えることで引き出しやすくなるんです。

例えば先の音楽PVならこのようになります。

  • youtubeという世界的映像サイト
  • 音楽PV
  • 好きなミュージシャン
  • コメントの内容

これらの文字や見た目が記憶のヒントまたは目印となってくれるんです。

似たような環境で似た言い回しが、ああこういうときはこういうことを言うんだなと記憶に残るんです。

Thank you.

今この文を見たときその環境を想像出来たと思います。
何かをもらったり手伝ってあげてたり。

興味のある場面にどんどん出くわしましょう。

maru02

もちろんYouTubeだけでなくお好みのサイトでも

当然これらの例はYouTubeでなくもいいんです。
外国にある日本食のお店の評判コメント、米国や英国のゲームサイトのコメント、いろいろあると思います。

好きなサイトでいいんです。
好きな部分だけでいんです。
好きな量だけでいいんです。

一つのコンテンツに対して全部のコメントを端から端まで見なくていいんです。
苦痛を感じてしまったら意味ないですからね。

そうこうしているうちに英語コメントを見るクセがついたらしめたものです。
人は何度もやっている作業は習慣化されてやらないと気がすまなくなります。

文は短くてもいいよ

長い英文を見るのはつらくても、短い文なら楽という人も多いと思います。
とくに英語初心者はとにかく短く、単語からでいいんです。

cool!

こんな一言だけっていうコメントもあります。
楽勝ですね。
でもこんなことの積み重ねなんです。
 

英語を学ぶのに楽しまない手はありません!


ぜひシェアしていって!

関連記事

無料で日本の漫画が英語で読めるぞ!ComicWalker(コミックウォーカー)

昨日KADOKAWAからWEBコミックサービスが発表されました。 およそ200作品がアプリやWEB

記事を読む

putやpowerやpostなどPの発音は「プッ」と破裂させればよい

今回はPの発音方法についてです。 パ行として聴いたり発声したりしても英語初心者は特別に困ることはな

記事を読む

WHの発音とは?ちょこっと矯正してもみても損はないよ

WHの発音はハ行なんですが、あれ?と思う方もいるでしょう。 whatなどWがあるのにその発音はどこ

記事を読む

sipやseaやsameなどのSの発音の出だしは「ス」だと思ってよい

Sの発音は日本人にとって難しくないんですが、なるべくネイティブに近い発音を覚えたほうが良いです。

記事を読む

under、user、UtopiaなどUの発音はいくつかあるって知ってた?

今回はUの発音についてやります。 なんの前振りもなくちゃちゃっと見ていきましょう。 Uの

記事を読む

yard、sunny、buyなどYの発音を理解する

今回はYの発音です。 Yの発声には主に3種類ありますがどれも簡単です。 では見ていきましょう

記事を読む

east、when、learningなどEの発音を記憶にとどめよう

今回はEの発音です。 このEの発声方法もいくつかありますがそんなに難しくはないです。 前

記事を読む

「クッ」や「ス」であるCの発音を学んでみよう

今回はCの発音です。 Cの発音はいくつかの種類ありますがどれも難しくありません。 さっそくい

記事を読む

英語で語順が自然に理解できる理由、文法を学んではいけない主張

英語がたいしてできるわけじゃない人でも、ある程度読めると仕事や勉強などの技術的な問題で検索したときに

記事を読む

英語を体系的に教えてしまうと学習者にとって何が悪いのか

教える側の人ってのは、きっちり勉強してきた頭のいい人達も多いと思います。 その知識を生かして何かを

記事を読む

    • rss
    • rss
    • follow us in feedly
  • 英語がまるでだめだったIT系。
    学習方法や記憶や人の能力向上について書いています。
    ついでにPS5も。
    自分もみんなもペラペラにするべく、英語学習の中心となるおもしろいサイトを企画進行中。
    詳細はこちら