*

putやpowerやpostなどPの発音は「プッ」と破裂させればよい

公開日: : 最終更新日:2014/03/03 英語やろう, わかる発音 | ,

今回はPの発音方法についてです。
パ行として聴いたり発声したりしても英語初心者は特別に困ることはないと思いますが、心の隅にでも日本語との違いがあることを知っておいたほうが世界を広げられます。

photo credit: Debarshi Ray via photopin cc

Pの発声は空気を溜めて解き放て!

Pの発音は、唇を閉じた状態のとき口の中の空気を一気に「プッ」と吐き出す感じです。

putなら「プ」と「ゥ」と「ッ」を瞬間的同時に発音する感じです。

  • powerは プァッワー(能力)
  • putは プゥット(置く)
  • postは プォッスト(郵便)

パワー、プット、ポストと発音しても特別問題にはならないでしょう。

ちなみにあくまで日本語との違いを示すためにカタカナで書いています。
このカタカナについても今回はPの発音についてなのでPの部分に絞って記述しています。

実際の発音は音声付きの辞書やテキストなどで、ネイティブの音声を何度も聞いてしゃべってください。

weblio
power
put
post

初心者は違いがわかるだけで十分です。


ぜひシェアしていって!

関連記事

似たり反対の意味の英単語を同時に覚えると記憶が混同する

これ英語のテキストでよくこういう教え方が出てきます。 もちろん対比という意味では間違っていません。

記事を読む

give、go、giantなどGの発音を理解しようよ

今回はGの発音についてです。 この大文字のGを見るとどうしてもガンダムを思い出しますね。 W

記事を読む

英文字のLの発音はわかってみると意外と簡単だった

日本人にとって英語の発音を学習するのに難しい代表格がLとRの区別です。 この中でもちょっと的を絞っ

記事を読む

英語で語順が自然に理解できる理由、文法を学んではいけない主張

英語がたいしてできるわけじゃない人でも、ある程度読めると仕事や勉強などの技術的な問題で検索したときに

記事を読む

音声好きな英語学習者へ!英文を再生して読んでくれる辞書サイトまとめ

この単語の音声が聞きたい!ってときありますよね。 紙の辞書で意味を調べたはいいが、しょうがないから

記事を読む

アウトプットすることで記憶される。インプットだけでは脳が覚えてくれない

英語に限らず誰でも学校の勉強や家事や仕事などで、いろんなことを覚えなければいけないときが多いと思いま

記事を読む

shipやshellやshopなどshの発音は「シャシュショ」を混ぜる

Sの発音は比較的簡単ですが、区別を付けたほうがよい場合があることを前にお伝えしました。 見てない方

記事を読む

英語を体系的に教えてしまうと学習者にとって何が悪いのか

教える側の人ってのは、きっちり勉強してきた頭のいい人達も多いと思います。 その知識を生かして何かを

記事を読む

英語の勉強中に日本語の訳文を見たら一歩後退すると思え

突然ですが英語の学習方法でとても大きな分け方として2種類あります。 英語だけで教わる 英語と

記事を読む

勢いのあるオナラを出せ!Bの発音は破裂させよう

Bの発音はバ行と考えていいと思います。 英語初心者はVの発音と混同する場合がありますが、Bのほうは

記事を読む

    • rss
    • rss
    • follow us in feedly
  • 英語がまるでだめだったIT系。
    学習方法や記憶や人の能力向上について書いています。
    ついでにPS5も。
    自分もみんなもペラペラにするべく、英語学習の中心となるおもしろいサイトを企画進行中。
    詳細はこちら