*

Wの発音を知ろう。少しの違いが分かれば英語を上達させるのだから

公開日: : 最終更新日:2014/03/03 英語やろう, わかる発音 | ,

一般に日本人がWを発声するときはア行やワ行など様々なカタカナに変化しています。

  • ア行なら wood ウッド
  • ワ行なら wild ワイルド

こういう発音でも通じればそれに越したことはないのですが、ネイティブとの違いをもう少し知ることができれば更に通じるだろうし自分の中での理解が進みます。

今回は知らなくても困ることはないかもしれない知識ですが、英会話など英語力を鍛えるのにお役には立てると思います。

photo credit: John&Fish via photopin cc

Wの発音方法は、口を丸めてその後だらーん

Wの口の形とその動きはこうです。

  1. 唇を小さく丸める(息が少し通るぐらい)
  2. 唇をだらんとゆるめる

W単独だと「ゥワ」と続けて瞬時に発声します。

練習するときはこれらを意識するとうまくいきます。

それでは具体例です。

  • wildは ゥワイルド (野生の)
  • weedは ゥイード (雑草)
  • woodは ゥウード (木材)
  • waitは ゥエイト (待つ)
  • wallは ゥオール (壁)

口をすぼめた「ゥ」の次にはもう口をゆるめる感じです

これらを踏まえた上で実際のネイティブのWの音を聞くとよくわかると思います。

Dictionary.com
wild
weed
wood
wait
wall

writeみたいにWを発音をしない単語もあるので注意してください。

最後に

何度も言っていますがちょっとした違いを知ることが大事で、英語脳を作ってくれて発音矯正されていくんです。

こういうカタカナ表記もネイティブの発音を理解する橋渡しになるんです。

さあ恥ずかしがらずにどんどん実践しちゃってください!


ぜひシェアしていって!

関連記事

こんな風に記憶してみては?英語の曜日をイメージで覚える方法

この前MarchとMayがごっちゃになっていて区別がついていないという話をしました。 いつになって

記事を読む

わかってしまえば簡単!Rの発音を理解する方法

Rの発音は日本人にとってはLの発音と並んで難しい単語の一つです。 日本語には存在しない発声方法を行

記事を読む

英語はそのまま直接理解したほうが良い理由

英語の単語、熟語、文を覚えようとするとき日本語に訳さず直接覚えたほうが絶対に良いです。 でもそもそ

記事を読む

全人類におすすめの英語学習方法はたった一つ!単語はイメージで覚える

英語がなかなか上達しない。 文法用語が多すぎて覚えきれない。 英文はまず日本語に訳すので時間がか

記事を読む

iの発音は大丈夫と思っている人、それちょっとだけ違うよって話

iの発音は主に「イ」で問題ないと思っている人たち。 ところがそうじゃない! いつものようにほ

記事を読む

英文字のLの発音はわかってみると意外と簡単だった

日本人にとって英語の発音を学習するのに難しい代表格がLとRの区別です。 この中でもちょっと的を絞っ

記事を読む

似たり反対の意味の英単語を同時に覚えると記憶が混同する

これ英語のテキストでよくこういう教え方が出てきます。 もちろん対比という意味では間違っていません。

記事を読む

無料で日本の漫画が英語で読めるぞ!ComicWalker(コミックウォーカー)

昨日KADOKAWAからWEBコミックサービスが発表されました。 およそ200作品がアプリやWEB

記事を読む

WHの発音とは?ちょこっと矯正してもみても損はないよ

WHの発音はハ行なんですが、あれ?と思う方もいるでしょう。 whatなどWがあるのにその発音はどこ

記事を読む

「クッ」や「ス」であるCの発音を学んでみよう

今回はCの発音です。 Cの発音はいくつかの種類ありますがどれも難しくありません。 さっそくい

記事を読む

    • rss
    • rss
    • follow us in feedly
  • 英語がまるでだめだったIT系。
    学習方法や記憶や人の能力向上について書いています。
    ついでにPS5も。
    自分もみんなもペラペラにするべく、英語学習の中心となるおもしろいサイトを企画進行中。
    詳細はこちら