*

or、out、host、toなどOの発音にはいくつかの種類がある

公開日: : わかる発音, 英語やろう | ,

一見簡単で「オ」しか無いように見えるOの発音にはいくつかの種類が存在します。

一つ一つを言われてみると、きっとああなるほどねと思うことでしょう。
特に難しいことはないのでさっそく見ていきます。

photo credit: Everything_Jerry_Reuss via photopin cc

Oの発音とは

まず例を見てください。

  • or オア (または) 発音
  • out アウト (外へ) 発音
  • host ホゥスト (主人) 発音
  • to トゥー (…へ) 発音

どれもいわれてみればですよね。
意外とあります。
必ず一つづつ確認して実際に発声してみてください。

それぞれの特徴はこんな感じになります。

  • orに代表される「オ」
  • outに代表される「ア」
  • hostに代表される「ォゥ」
  • toに代表される「ゥー」

自分の経験でもそうですが、何種類あるとかは特に意識する必要はないです。
見知らぬ単語が出てきたらまず聞いてみて発音してみる。

外人になって誰かとしゃべっている気分で、聞くがままに発声してみるとおもしろいですよ。

ここで説明したのは代表的なものですが、更に詳しい解説はこちらへどうぞ。

発音と綴りのルール (フォニックス)母音編 -o-

英語発音の決まりごと– Oの文字の発音のルール

いろんな種類を同時に覚えてはだめ

Oの発音はこんだけ種類があるからと、それらをまとめて覚えるのはやってはいけません。
もちろんそういうやり方が好きだったりちゃんと覚えられる人は別です。
人それぞれですから。

そうでない多くの人にとって、区分けを一度にまとめて覚えるやり方をすると記憶の混乱を招くし、実用的ではないのでやらないほうがいいです。
こんな種別があるのねとちょっとした知識で十分だと思います。

そもそもOの発音にはどんな種類があるのか?という問題は実生活には出てきませんから役に立ちません。

このことについてはこっちでも説明しています。
英語を体系的に教えてしまうと学習者にとって何が悪いのか

最後に

O(オー)と0(ゼロ)がまぎらわしいのって、これずーと未来まで続くんですかね。
どっかでなんとかしたほうがいいと思うんですが。

まったねー。


ぜひシェアしていって!

関連記事

英語の区分けが上達の近道!例文を探し出せるすごい検索方法も伝授

英語の学習は単語から始まって熟語や文とどんどん覚える長さが増えてきます。 英語初心者は長文を見ると

記事を読む

teachやtestやtoothに代表されるTの発音方法とはなんぞや

今回はTの発音です。 単純な「タ行」とはちょっと違いますが、決して難しいものではありません。 さ

記事を読む

英語を体系的に教えてしまうと学習者にとって何が悪いのか

教える側の人ってのは、きっちり勉強してきた頭のいい人達も多いと思います。 その知識を生かして何かを

記事を読む

似たり反対の意味の英単語を同時に覚えると記憶が混同する

これ英語のテキストでよくこういう教え方が出てきます。 もちろん対比という意味では間違っていません。

記事を読む

under、user、UtopiaなどUの発音はいくつかあるって知ってた?

今回はUの発音についてやります。 なんの前振りもなくちゃちゃっと見ていきましょう。 Uの

記事を読む

音声好きな英語学習者へ!英文を再生して読んでくれる辞書サイトまとめ

この単語の音声が聞きたい!ってときありますよね。 紙の辞書で意味を調べたはいいが、しょうがないから

記事を読む

door、desk、holdなどDの発音について気持ちを込めて解説する

今回はDの発音について。 これも特別にむずかしいことはありませんが、ほんのちょっとダ行とは違ってい

記事を読む

わかってしまえば簡単!Rの発音を理解する方法

Rの発音は日本人にとってはLの発音と並んで難しい単語の一つです。 日本語には存在しない発声方法を行

記事を読む

「クッ」や「ス」であるCの発音を学んでみよう

今回はCの発音です。 Cの発音はいくつかの種類ありますがどれも難しくありません。 さっそくい

記事を読む

Kの発音は破裂音。笑いがもれるぜ「クックックッ」

今回はKの発音について。 日本人にとって特別難しいことはないと思いますが、必ず一度はこの記事を見て

記事を読む

    • rss
    • rss
    • follow us in feedly
  • 英語がまるでだめだったIT系。
    学習方法や記憶や人の能力向上について書いています。
    ついでにPS5も。
    自分もみんなもペラペラにするべく、英語学習の中心となるおもしろいサイトを企画進行中。
    詳細はこちら