*

焼きそばパンにはまだ上がある。わからない奴はすっこんでろ

公開日: : 最終更新日:2014/03/03 お役立ちコラム | ,

パン屋に行ったらついつい手に取っちゃいますよね、焼きそばパン。
割と安くてどこにでもあるし。

太い麺もあれば細い麺もある。
たいていは良く茹でてあって噛み応えはあんまりない。
ソースは適度にまとわりついていて、肉が入っていたり青のりがかかっていたり。

でも不満がありました。

photo credit: PetitPlat – Stephanie Kilgast via photopin cc

いつも物足りなさを感じていた

なんか到達してないというか、達成感が無いというか。
それでもあれば買ったりするわけですが、ふと思ったわけです。

ひょっとして焼きそばパンにはまだ先があるのではないか?

焼きそばパンがこれで終わるわけがない。
この地位に安住するような奴ではない。

  • パンの表面をパリッと焼いてアクセントをつける
  • ソースをパンに合うように大幅に改良する
  • 麺の触感をこれまでとは違ったものにする
  • 謎の具の投入

ちょっと考えただけでも様々な角度で思いつく。
いろんな手があると思う。

えっ、栄養が足りてない?

急に話は変わりますが、食生活が偏っていてついついたくさん食べてしまう人っていますよね。
その人への自分なりに考えた解決策を示します。

  • たくさん食べる人はちゃんと食べていても栄養が足りてない可能性がある
  • 一部の必要な栄養素を体が欲していて自然に補おうと無理に食べてしまう
  • よって必要な栄養素の部分をちゃんと補給すれば無理食いしなくて済む

これはリスが必要な栄養の足りなさから爪を食べてしまうことがあると、以前聞いたことから至った自論です。

焼きそばもパンも炭水化物ということです。
つまり焼きそばパンを食っても満足感がないのは、栄養が足りてないことを体が明確に信号で送ってきているのかもしれません。

何その結論。

だからどうだっていうんだ、今すぐ持ってこーい

いいんです。
そいうことも含めて開発しましょうよ。
パン屋のみなさん、出番ですよ!
もちろんパン屋さんでなくても個人で開発できるはず。
ブログでもレシピサイトでも人に見せる場はあります。

おいしい焼きそばパンが食いたい。
ただそれだけなんですから。


ぜひシェアしていって!

関連記事

なぜ当たり前のことができない人がいるのか。能力を育てるあれとは

人の能力は遺伝や育った環境により大きな差がでてきます。 受け継がれた血もそれまでに受けた教育も過去

記事を読む

質問サイトでなぜ人は答えてあげるのか。そこに圧倒的に得する理由があった

OKWave(教えて!goo)やYahoo!知恵袋など質問サイトっていっぱいありますが、どうして人っ

記事を読む

体重が気になる方へ。お金をかけずに筋肉をつけてダイエットする方法

ちょっと前から体重が気になっていました。 たいして運動もしないのに甘いものをやたら口にするようにな

記事を読む

炊飯器が無くても大丈夫!いろんな鍋でご飯をおいしく炊く方法

独り立ちするといろんなまずは家電を揃えますよね。 テレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ。 ここで悩

記事を読む

腰痛持ちだけど運動したい人へ。私が腰を痛める原因がこれだった

圧倒的な健康を維持してきた自分が腰を痛めるようになって結構な年数が経ちました。 特に運動で影響が出る

記事を読む

銀行で俺は裏技を炸裂!たくさんの小銭を無料で両替する方法

現在では買い物で1円玉や5円玉を使うのが当たり前になってます。 昔は消費税が無いので小さな子供が買

記事を読む

ソフトコンタクトはぐにゃぐにゃ過ぎる人に朗報!レンズ装着のコツがこれ

ハードコンタクトレンズからソフトに移ってずいぶん経ちます。 ソフトに比べてハードは本当に面倒くさい

記事を読む

ぽちゃティブシンキングでいこう。ネガデブでなく。

深夜のお笑い系のテレビ番組でぽっちゃり女性二人がゲストで楽しく話をしていました。 そこでおデブ

記事を読む

恐るべき脳の暗黒面!何度覚えても記憶できない理由

何度聞いても覚えられない。 後でふとあれなんだっけと思い出そうとしても全く記憶できていないことに気

記事を読む

ちょっとした仕返しにも最高!相手に軽い屈辱感を与える方法

別に仲が悪いわけじゃないけど遊んでいてもモヤモヤするあいつ。 人のお菓子をつまみ食いするあの子。

記事を読む

    • rss
    • rss
    • follow us in feedly
  • 英語がまるでだめだったIT系。
    学習方法や記憶や人の能力向上について書いています。
    ついでにPS5も。
    自分もみんなもペラペラにするべく、英語学習の中心となるおもしろいサイトを企画進行中。
    詳細はこちら